オナ禁のリセットと発毛

髪の毛を生やしたい人は、オナ禁を1週間でリセットしても良いか?

1週間オナ禁したけど抜いても髪の毛に悪影響はないか?ということなわけですけど、答えとしてはやっぱりあなた自身が育毛・発毛効果としてどのくらいのものを望んでいるかということによるんですよね。

 

簡単に基準を挙げるとするならば、

 

  • 抜け毛が気になるのでオナ禁でハゲ防止をしたい・・・1週間程度で解除してはダメ
  • 髪の毛とか健康に良いと聞いたので何となくオナ禁・・・1週間毎に1回くらいなら問題ない

 

という感じではないでしょうか?もちろん個々の事情とかがあると思うので日本中の男子全員こうしろ!というわけでもなく、「1週間オナ禁頑張ったぞ!でもやっぱりオナニーしたいなぁ。どうしようかなぁ。リセットしてもいいかなぁ。」と悶々としている人の参考になったらいいなぁ。くらいの基準値です。

 

はっきり言って、正確な数値は医学的に掲示されているわけではありませんし個人個人の体力や体の構造にも大きく左右される問題です。ですから他の人がどのくらいの期間やっているのかとか言うのはあまり参考にならないですね。自分の感覚として体力的に大丈夫かどうかというのを一応の基準にしてみると良いでしょう。射精した次の日の朝どのくらい疲労感があるのかさらに翌日はどのくらい疲労感があるのかということをある程度の基準にしてみてはどうでしょうか。

 

体力的に弱ってしまっているというのであれば体に必要な栄養素が足りないとかていることになっているわけですから、髪の毛に必要な栄養素も足りていないということになるでしょう

 

1週間なんてオナ禁の内に入らない?

 

だいぶハゲてきてスッカスカ・・・なんていう人(特に20代、30代でこれまで毎日オナニーしまくってきたような人)の場合には、1週間なんてオナ禁した計算に入れてはいけないと思います。確かにこれまでのオナニー歴から考えれば1週間射精を我慢したというのは喜ぶべきことですが、そこから先を頑張らないといけません。

 

オナ猿が1週間我慢できたわけですから、そこでオナニーしてジヒドロテストステロンドバドバーなんてもったいないことはせずに、何か美味しいものを食べるとかそんな感じで欲求不満を発散してください。発毛効果を得たいのであれば、1週間単位ではなく1ヶ月単位で射精をストップしなければ無意味だと思います。

 

実際にオナ禁サイトなんかを見てみると、1週間我慢したなんていうことを語っている人なんて一人もいませんよね。どこを見たって最低数ヶ月のオナ禁。人によっては半年とか1年オナ禁することによって髪の毛が伸びるのが早くなったとか体調が良くなったとか彼女ができたとか超サイヤ人になったとか、そういう物凄い話が語られているわけですから。

 

確かにそういうオナ禁による物凄い話というのは、自分もいちどやってみようかという気持ちにさせられるものがあります。しかし半年とか1年とか長い期間ガマンを続けるというのは大抵の男性にとってはほぼ不可能な話です。特に彼女がいるとか結婚しているとかっていう男性には100%無理ですから、オナ禁によって髪の毛を生やすとかスーパーサイヤ人になるとかっていうのは独身で彼女がいない男性に限られるということです。

 

最終的な目標にもよるが

 

ただし、最終的な目標が発毛・育毛にあるのではなく、フサフサの髪を得ることによってモテたい・彼女を作りたい・結婚したいというのであれば、そういう機会があって(要するにエッチする機会があって)射精してしまうのは仕方ないことだと思います。最終目標が優先です。あくまでもオナ禁した後にオナニーによってリセットしてしまうことを避けましょう、という話です。

 

ただ、それがなかなか難しいから育毛サロンとか育毛剤を使う必要性も出てくるんですけどね。なかなか数ヶ月という単位でオナ禁できない人は、こういった方法も試してみるべきかもしれません。

 

もちろん今現在それほど抜け毛の問題がないというのであればいきなり育毛剤って言う程のことでもないでしょうし、射精によって失われてしまった成分をサプリメントで補給するくらいでも十分な抜け毛予防にはなると思います。

 

⇒ 私が使っている亜鉛サプリメントを写真入りで紹介

 

これだと育毛剤や皮膚科などでの治療と比較してかなり安く抜け毛対策が可能になりますし、タウリンやグリコーゲンが含まれているので抜け毛対策だけではなくて疲労回復という点を考えてもコスパが良いと感じています。何万個という単位で販売実績があるので薬とかのような副作用の心配もありませんし。

 

男性ホルモンが多いとハゲる?性欲を強制的に減少させる方法

 

実は、オナ禁を強制的にやるというか、そもそもの性欲を減退させる方法はあります。
ここでは男性ホルモンの出し方、性欲の抑え方について見ていきましょう。

 

 

射精することによる男性ホルモン発生で抜け毛に悩む人がいる一方、逆に男性ホルモンを出したくて出したくてしょうがないという人もいます。女じゃなくて男の中に。

 

例えばスポーツをガチで真剣にやっている人なんかはそうですね。筋力トレーニングをメッチャやっているとか、単純にボディビルダーだとか。若いボディビルダーはそうでもないんですけど、40代、50代のボディビルダーになると何となく髪の毛がツルッツルの人が多いような気がします。もちろんトレーニングの邪魔だとか競技会での見た目を重視して剃ってる人もいるかもしれませんが。

 

とりあえずツルッツルの件は置いといて、こういった人たちが男性ホルモンを出すためにどんな対策をしているか・・・ということを考えて、それと逆のことをやれば男性ホルモンの抑制につながるのではないか?ということです。

 

もちろん、こういった人たちが分泌させたいのはテストステロンであってジヒドロテストステロンではないのですが、可能性の一つとして頭に入れておいたほうがいいかと思います。

 

男性ホルモンの分泌のさせ方

 

  1. 激しい運動をする
  2. 高カロリーの生活
  3. 高タンパク質の生活

 

この3つは王道というか、スポーツでのトレーニングをする上では外せない項目ですね。必ずしも毎日こんな生活を送っているというわけではないのですが、食生活がちゃんと管理されているアスリートはやはりパフォーマンスも良いと思います。

 

で、ここでちょっと立ち止まって考えて欲しいのですが・・・いわゆるハゲデブについて。こういうタイプの人達って、上に挙げた3つと全く同じ生活をしていませんか?運動しないということ以外は同じ。

 

男性ホルモンを出さないというか、性欲減退の方法はある

 

で、性欲を自動的に減少させる方法です。

 

それは、(テレビで出てくるような『簡単!お手軽ダイエット!』みたいなのではなく)管理されたダイエット。

 

毎日のカロリーを削るというわけではないのですが、低カロリーで済ませる日には食事に含まれる脂肪の量を極端に減らすんですね。すると、なぜか性欲が減退します。これはマジです。管理人も体験済みです。

 

ただですね、単純にダイエットをするのではなくて、トレーニングしてちゃんとカロリーを摂取する日と、休息して低カロリーで過ごす日をちゃんと分けました。そうしないと非常に貧相な体型になっていきますのでハゲ止まったとしてもモテなくなる可能性があるので注意。

 

実際、真剣なダイエット研究者は、減量中の性欲減退について必ず注意書きをしています。あまりダイエットしたことがない人は、一度減量しながら自分の性欲の推移について冷静に判定してみてはどうでしょうか。


20代30代で遺伝によるAGAの前兆や射精し過ぎによるハゲに悩んでいる男性のためのサイト。治療用の飲み薬が怖いとか亜鉛サプリメントの通販購入で予防・対策をしたい、髪型を治す方法が知りたい人に。ちゃんと治ったら辛い婚活や結婚も道が開けるかも。