射精による疲労

頻繁なマスターベーションによる悪影響を回避するために

頻繁にマスターベーションをして射精しまくってしまうと、連日のように疲労感やダルさ・ちょっとの運動でもつかれるという問題がついて回ります。

 

もちろん、我慢できるんだったら我慢したいところですけどなかなかそうは行きませんし、それに加えて女性と夜を過ごすことがあればもう朝起きた時のダルさはハンパないものになりますよね。

 

そこで、20代から60代以降まで、射精による疲労感に悩まされている男性のために作られた最新のサプリメントを紹介します。よくテレビCM(特にBS・CS)で宣伝されている男性用サプリは毎月2万円以上もかかるようなものが多いですが、これだとその半額以下で使うことが可能です。

 

こちらをクリック → レッドドラゴン PREMIUM RICH

 

このサプリの一番のポイントとしては値段ではなくて(いや、安いというのは良いことなんですが)、配合されている成分にあるといえるでしょう。

 

多くの男性用サプリでは亜鉛単独、もしくはマカ単独というものが多いわけなんですが、これは最新の研究に基づいた成分配合を行っています。

 

購入する際の注意点ですけど、クレジットカード払いにするとさらに割引になるので持っている方はぜひ利用すると良いでしょう。

 

 

さて、このままサプリメントを飲まずに放置しておいた場合には、身体にどんな悪影響が発生するのでしょうか?ここから先では射精の弊害について考えていきます。

 

  1. 連日蓄積されていく疲労
  2. 時間の無駄
  3. 徐々に増えていく抜け毛

 

1.連日蓄積されていく疲労

 

誰にでもはっきりとわかりやすいのが疲労ですね。もちろん一回の射精によってどのくらいの疲労を感じるのか、どのくらいの時間身体が重たいのかという事については個人差があるわけですが、射精した後に疲れる、体が重い、ダルいという感覚を覚えるのは全人類共通の現象だと思います。

 

マスターベーションでの疲労の結果、仕事や勉強での集中力が低下してしまったり、スポーツでのパフォーマンスが低下してしまったりと、はっきり言って良いことがありません。セックスによる疲労とは異なり何となく事後の後悔が大きいというのもありますよね。

 

スポーツ選手の場合には、大事な試合の前日などはセックス・オナニーにかかわらず射精禁止というのが暗黙の了解になっています。普通の人であっても試しに1周間とか2週間とかマスターベーションを我慢してみると、何だか体調が良くなったり活動的になったりします。オナ禁というほど長期間ではないとしてもある程度射精をストップすることによって疲労が回復した経験を持っている人は多いでしょう。

 

逆に考えればマスターベーションによる射精で疲労が蓄積されてしまうというのは明らかなんですよね。

 

2.時間の無駄

 

オナニーして射精するためには、色々とオナネタを準備してからという人がほとんどでしょう。本だったりDVDだったりパソコンの中のデータだったり。射精した後には後片付けをしなければなりませんよね。まさか射精してそのままなんていうバカがいるはずもなく・・・。

 

そして、一人一人違うと思いますけど一回の射精に至るまでの時間。3分位でさっさと済ませてしまう人もいれば、30分も1時間もかけてオナニーする人もいると思います。これらの時間を全部足し合わせて、1年間でどのくらいの時間を使ったかを考えると恐怖に震えますよ。とにかく時間の無駄です。

 

1年間毎日1時間セックスすれば365時間、だいたい年に2週間位セックスすることになります。1年間毎日1時間オナニーしても365時間、だいたい年に2週間位オナニーすることになります。でも何かこれって、明らかにオナニーしている時間の方が無駄だと感じませんか?

 

3.徐々に増えていく抜け毛

 

そしてマスターベーションすることによる悪影響で最悪なのが抜け毛。厳密には射精によって直接抜けるかどうかは医学的な研究でもまだ結論を出すには至っていないのですが、間接的に疲労ややる気の低下によって生活習慣が乱れていくというのは間違いありません。

 

射精で直接抜けたのか、生活習慣の悪化によって抜けたのかはともかく、マスターベーションと抜け毛・ハゲが繋がっているというのはここを読んでいるあなたにも理解できることではないかと思います。

 

 

実際の所生活習慣が乱れてしまっていることによって抜け毛が発生しているという男性も多く、射精のし過ぎだけではなくて夜更かしをしてしまったり昼夜逆転していたりということが大きな原因になってしまっていることがあるんですよね。

 

単純に毎日オナニーしていたら無駄な時間を過ごしていることになるので睡眠時間は短くなっていきますし貴重な栄養素を放出してしまうということにも繋がるでしょう。仕事の関係で昼夜逆転の生活になってしまっているというのであれば仕方のないことですが、それ以外の理由で夜起きて昼に寝ているなんて言うことがないようにしたいですね。

 

特に大学生とか社会人になりたての場合には(休日なんかに)昼間ずっと寝ていて夜に起きている・・・なんていうことがよくあり、これが原因となって若ハゲにつながってしまうということもあるようです。

 

亜鉛が射精によって失われていく

 

射精が絶対に抜け毛に繋がっているとは誰も言い切れないわけですが、少なくとも精液の成分として人体に必要な物が失われているというのは間違いないことですよね。特にこのサイトでも何度も触れているように、亜鉛が射精によって失われていくというのはやはり由々しき事態です。

 

そんなに頻繁に射精しないっていう人だったらいいんですけど、どうしても止められない・オナ禁なんてできないっていう人の場合にはサプリメントなどでの亜鉛補給を考慮した方がいいんじゃないかと思いますね。

 

こちらをクリック → レッドドラゴン PREMIUM RICH

 

このサプリメントだったら毎日の出費も非常に軽く済みますし、家族なんかにも特に不審に思われることなく使うことができますから。

 

サプリを使った上での食生活の改善

 

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、こういった育毛サプリメントを使っていくというのであれば普段の食生活の内容も疎かにしてしまってはいけません。普段食べているものの栄養素が不完全なのに、そこに手軽にサプリメントをプラスしたからと言って髪の毛が簡単に生えてくるというものではないというのは誰でもすぐにわかります。

 

もちろん、プロの栄養士さんが考えてくれるような完璧な献立で毎日3食過ごせということではありません。自分では全然料理をしないという男性は多いわけですし、たまに料理をするとしても朝食と夕食をちゃんと作った上に弁当まで作って会社に持っていくなんて言うのは現代人の生活リズムを考えたらほぼ不可能です。

 

 

ですからここでまず考えるべき食生活の改善というのは「完璧な栄養補給を目指すこと」ではなくて「自分の食生活で問題ある部分を改善すること」というように考えてもらったほうが実現可能性は高いですし継続していくためのモチベーションも上手に保つことができるでしょう。

 

具体的に言うと、普段ファーストフードばかり食べているようであれば定食系のご飯に切り替えるとか(マックなんかは手軽ですけどハンバーガー+ポテト+炭酸飲料で健康的な食事になるとはとてもいえませんね)、油ものが大好きだというのであれば量を少し落としてみるとかっていうことからでも良いでしょう。

 

結婚していて奥さんが料理上手だというのであれば、摂取したい栄養素を上手に食事の中に取り入れてくれるかもしれませんが、そんな恵まれた環境で生きている人は少数派ですからね。


20代30代で遺伝によるAGAの前兆や射精し過ぎによるハゲに悩んでいる男性のためのサイト。治療用の飲み薬が怖いとか亜鉛サプリメントの通販購入で予防・対策をしたい、髪型を治す方法が知りたい人に。ちゃんと治ったら辛い婚活や結婚も道が開けるかも。