オナニーとジヒドロテストステロン

気付いたら頭皮がスカスカに!男性の髪の毛が細くなる原因と対策

若い頃は髪の毛はちゃんと太くてしっかりと生えていたのに、最近何だか細くなってきたような気がする・・・。

 

こんな『髪の毛が細くなっていく』原因は、主に男性ホルモンです。ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが存在するのですが、髪の毛の細胞に対してジヒドロテストステロンが悪影響を与えているのです。

 

では、このジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するためにはどうすれば良いのか?ということで、そもそもなぜ男性の体にジヒドロテストステロンが発生してしまうのかということについて考えていきましょう。

 

ここでようやくこのサイトのテーマ(汗)であるオナニーとか射精とかの話が出てきます。オナニーであれセックスであれ、ジヒドロテストステロンは射精することによって発生してしまうんですよね。

 

具体的に言うと、射精による精液の排出とその直前のカウパー液の排出によって体内のテストステロンが失われます。失った分のテストステロンを補充しなければならなくなるわけですが、ここでテストステロンではなくジヒドロテストステロンが誕生するわけです。

 

カウパー液排出 → 射精 → テストステロン減少
 → ジヒドロテストステロン増加 → 細毛・抜け毛

 

ということになります。簡単に書いてますけど大体射精から髪の毛が細くなったり抜け毛が目立ったりする流れはこんな感じです。

 

ジヒドロテストステロンの発生にどう対抗するか

 

では、細くなってしまった髪の毛を元の太い丈夫な髪の毛に戻すためにどうすれば良いのか?方法は2つあると思います。

 

  1. ジヒドロテストステロンの発生自体を抑える
  2. ジヒドロテストステロンが発生するのはあきらめて、髪の毛に直接働きかける

 

ジヒドロテストステロンの発生自体を抑える

 

まずは、ジヒドロテストステロンの発生自体を抑えるという方法。結局のところこれはオナ禁・セックス禁をすることになります。ただ、実際の所は延々とオナ禁するというのは難しいでしょうね。どのくらいの期間射精を制限すればいいのかよくわかっていないですし、可愛い女の子とセックスする機会があったらどうですか?「いや今オナ禁中なんで」って断りますか?無理ですね。

 

そもそもそれ以前に彼女がいたり結婚していたりする場合には、射精しないことによってジヒドロテストステロンの発生自体を抑えるというのは無理があるかもしれません。よっぽど精神力のある人以外は次の方法を試したほうが無難でしょう。

 

ジヒドロテストステロンが発生するのはあきらめて、髪の毛に直接働きかける

 

オナ禁するよりも無難で確実な方法でしょう。要するに育毛剤の使用です。大抵の男性はこの方法を選んでいると思います。メリットとして、

  • 遠慮無くオナニーできる
  • 髪の毛が細くなったこと以外に抜け毛などにも対処できる

ことが挙げられるでしょう。

 

確かに毎月お金がかかってしまうというデメリットもあるのですが、「じゃあオナ禁できるか?」って考えるとこっちの方法を選ぶしかありませんし、実績ある育毛剤なら髪の毛の悩みを回復できる可能性は高いので手っ取り早いですしね。

 

オナニーで細毛になりつつある人が気をつけるべきこと

 

 

何か最近抜け毛が細く弱くなっていませんか?

 

今までは抜け毛を見ても特段何か思うということもなかったのに(もちろん「あ〜、また抜けた」くらいは思いますが)、ある日突然『抜け毛がなんだか最近細くなってきた』という事に気付くんですよね。

 

実際の所抜け毛と細毛っていうのは非常に関連性が高く、

  • 抜け毛は多いけれども髪の毛自体は根元もしっかりあって太くて丈夫
  • 抜け毛は全然無いんだけれどもたまに抜けると髪の毛が細くて心もとない

って言うことはあまり無いんですよね。

 

特に男性の場合には大抵の人が

  • 抜け毛が多い上に髪の毛が非常に細く根元も弱々しい

という状態に陥ってしまっています。今現在はそんなに細くないという人であっても抜け毛が多くなってくると髪の毛自体の太さもどんどん寂しい感じになってくるのは間違いありません。

 

オナニーのし過ぎで髪の毛のための成分が失われている

 

抜け毛と細毛が同時進行してしまうというのは男女共通のことではあるんですが、特に男性の場合には頻繁なオナニーによって髪の毛を作ったり伸ばしたりするための成分が失われてしまっているということが非常に多いんですよね。

 

オナニーなどによる射精回数が多いと髪の毛のための栄養成分が失われてしまって抜け毛や細毛が進行するっていうのは、しばらくオナニーをしなかった場合(オナ禁した場合)に抜け毛が少なくなったり髪の毛にコシが出てきたりすることを考えてもほぼ間違いないことでしょう。

 

補給しやすい成分と補給しづらい成分

 

オナニーなどによる射精で失われる成分は結構たくさんの種類があるのですが、その中でも髪の毛の成長に大きく影響していると考えられるのはたんぱく質と亜鉛でしょう。

 

しかし、たんぱく質が食品などから摂取しやすい栄養成分であるのに比べて亜鉛は普段の食事から効率良く補給するっていうことが非常に難しい成分なわけです。牡蠣とかビーフジャーキーとか松の実とかスルメとか。これらの食品を毎日大量に食べるっていうのはかなりハードですし、お金もかかるしカロリーも高いので不可能に近いんですよね。

 

こういった問題は抜け毛の改善や予防に限らず、ダイエットや健康維持などを考えるときにも出てくる問題です。何か体に良い食品を食べようとした時には、必ずと言っていいほどお金の問題が付いて回ってきてしまうんですよね。特に健康問題の改善するときには値段の高い食材を提示されてしまうことが多く、毎日のようにそれを食べていたら破産してしまうのではないかと思ってしまうほどです。

 

そういう意味ではあまりお金のない人にとってはお金をかけて食生活を改善して健康になるとか抜け毛を予防するとかっていうのはあまり賢いやり方では無いことも多いですね。同じようにお金を使うのであれば育毛剤やサプリメントにお金を投資することによって直接的に改善を図った方が効率的であることが多いです。

 

食品から摂取しにくい亜鉛は安く購入できるサプリメントで

 

そこで亜鉛補給のために活用したいのがサプリメント。一般的に亜鉛サプリメントっていうのは結構値段が高くて困っている人も多かったのですが、私は1ヶ月2000円程度の亜鉛サプリメントをネット通販で見つけたのでこれを購入して飲んでいます。

 

 

サプリメントだと特に食事内容を変更することもなく簡単に摂取量を上げられますし、これだと2粒で一日の必要摂取量を充分に確保できているので抜け毛に悩んでいる男性には非常に良い感じだと思います。

 

髪の毛の減少が気になっている男性にありがちなこととして、亜鉛などのミネラルやビタミン不足以外にタンパク質が足りなくなってしまっているという傾向があります。

 

特に最近はライザップなどのトレーニングジムによるダイエットがブームになっていますが、さすがにあんなに高い料金を支払うことはできないということで自分一人で似たような状態を作り出してダイエットをしようと考えているのは男性でも女性でも同じことです。

 

しかし、大抵の場合にはとにかく食事の量を減らすばかりで三大栄養素のバランスとかを一切考えていなかったりするので、脂肪を減らすというか筋肉を減らすような状態になって結局はリバウンドしてしまいます。筋肉が減るというのは食事からタンパク質を十分に摂取できていない状態ですから、こうしたダイエットをたまにするような男性の場合には髪の毛の成長に必要なタンパク質も摂取できていないということになるんですよね。


20代30代で遺伝によるAGAの前兆や射精し過ぎによるハゲに悩んでいる男性のためのサイト。治療用の飲み薬が怖いとか亜鉛サプリメントの通販購入で予防・対策をしたい、髪型を治す方法が知りたい人に。ちゃんと治ったら辛い婚活や結婚も道が開けるかも。