自慰 影響

自慰の影響による栄養不足を低価格で回避する

男性の不安
(頻繁に自慰をしてしまって髪の毛や慢性疲労が不安・・・という人は多いです)

 

 

自慰のやり過ぎで不足してしまう栄養にはこんなものが

 

自慰で射精することによって失われてしまう成分には以下のようなものがあります。

 

・タンパク質

タンパク質の不足は筋肉の減少・代謝の低下・抜け毛の発生・髪の毛のダメージなど男性の体に対して非常に多くの部分に悪影響を及ぼします。また、男性はあまり気にしない部分かもしれませんけど、肌荒れが発生する・肌のハリが低下する・免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまうなど結構大きな問題を含んでいるんですよね。

 

特に近年は男女問わず1日のたんぱく質摂取量が減少しているということもあり(ダイエットなどの影響で総摂取カロリーが減っているため)、そもそもタンパク質の少ない身体から射精という形で消費してしまっているというわけです。

 

これは特に育毛剤や育毛サプリメントを使っている人に考えてほしい問題なのですが、普段の食生活の中でたんぱく質など髪の毛が生えてくるのに必要な栄養素が足りていなければ育毛剤やサプリメントを使用しても意味がありません。

 

育毛剤を振りかけたら自動的にそこに髪の毛が出来上がるということではなくて、普段の食事の中でちゃんと必要な栄養素を取っていなければただ薬剤をふりかけているというだけで全然意味のないことになってしまいます。筋力トレーニングを真剣にやっている人でなければ普段の食生活の中でどのくらいのたんぱく質を摂取できているのか把握できていないと思いますが、いちど自分がどのくらいのたんぱく質量を摂取しているのかを確認してみた方が良いでしょう。

 

基本的に1日に摂取しなければならないたんぱく質の量は体重の1,000分の1くらいだとされています。体重が70キロの人であれば毎日70 gという事ですね。肉や魚をあまり食べないという人はなかなかこのようには届かないかもしれませんが、そういった場合にはプロテインなどのサプリメントを使うことも考えた方が良いでしょう。

 

特にダイエットしている場合には体が必要とするたんぱく質の量が非常に大きくなります。上の例で70 g必要だったという人の場合にはその倍近くたんぱく質の摂取しなければならなくなるかもしれません。ダイエットをしているときに抜け毛が増えてしまったという人は普段の食事で摂っているたんぱく質の量が長すぎるということですね。

・亜鉛

亜鉛は体内で作り出すことのできない元素なのですが、結構色々な働きをしているんですよね。例えば皮膚の新陳代謝促進作用(ちょっとした傷からの回復や皮膚炎への影響)・味覚機能の作用(亜鉛が不足することで味覚がおかしくなる)・ホルモン作用など、あまり意識はしませんが重要な役割を果たしています。

 

そして男性にとって自慰で亜鉛を失ってしまうことで最も大きな問題になるのは身体の成長、特に髪の毛の成長が悪くなってしまうということでしょう。射精による疲労感などよりも、ハゲや抜け毛がとにかく気になるという人にとって亜鉛の欠乏は見逃せない問題です。

・クエン酸

クエン酸が不足することによって男性の体は非常に大きな疲労感を感じるようになります。日本人の半数以上がクエン酸不足によって疲労感を慢性的に感じているということですから、男性に限って言えば多くの人が自慰によるクエン酸不足を発症しているのではないでしょうか。

 

最近はクエン酸飲料などでの補給をする人もいるようなのですが、クエン酸を積極的に補給するのか、それともオナ禁をして栄養分を失わないようにするのか、というのは各自の生活スタイルで違うかもしれませんね。

栄養不足で発生する男性の体への悪影響

 

上記のような自慰による射精から起きる栄養不足で一番の問題は、やはり「髪の毛」に関する悪影響でしょう。

 

10代のうちは自慰と抜け毛の関係なんて一切頭にないっていう人がほとんどだと思うのですが、20代、30代になってくると段々と気になってくるものです。自分の抜け毛は少なくても、周囲にハゲてきた友人がいたり家族がハゲていたりすると「自分は将来大丈夫かな?」とかって不安になるものです。

 

そしてインターネットなんかで自慰と抜け毛の関係について色々調べて見るわけですよね。そして今ここのサイトに辿り着いているっていう人は多いんじゃないでしょうか?

 

思い切って坊主に?
(思い切って坊主にしてしまうという選択もありですが・・・)

 

特に重要な亜鉛を補給できる食品はあるけれど・・・

 

精液に含まれている成分で(つまり射精によって失われる成分で)抜け毛に大きく関係していると考えられるのはタンパク質と亜鉛でしょう。

 

この内、タンパク質については食事から補給する手段が色々とあります。肉を食べたり、大豆製品を多目にしてみたり、それでも足りなければプロテインを飲むなど・・・。各自の工夫と意識によってある程度はタンパク質の摂取量についてはコントロールできるでしょう。

 

肉料理でタンパク質
(タンパク質は肉料理を食べることで簡単に補給可能)

 

ところが亜鉛についてはそう簡単には行きません。
下のリストを見てみて下さい。

 

  • 生牡蠣
  • ビーフジャーキー
  • 煮干し
  • レバー
  • パルメザンチーズ
  • カシューナッツ
  • アマランサス
  • 凍豆腐
  • するめ
  • 松の実
  • ごま

 

これは亜鉛を多く含む食品のリストなんですけど、これらの食品を毎日十分な量食卓に並べることができるでしょうか?(上記の食品群なら大体1日に200グラムくらいで必要推奨量になるでしょう)

 

正直言って単品で沢山食べるような食材ではありませんし、意外とカロリーが高い上に価格も高い食材が多いと思います。

 

意識して食事から亜鉛を多く補給するっていうのはかなり難しいことなんですよね。

 

低価格で効率的に亜鉛を補給したい場合には

 

そこで亜鉛に関してはサプリメントを活用して補給したほうが効率的です。単純に飲むのが楽ですし、実は食品を用意するよりもはるかに低価格です。

 

私が飲んでいる亜鉛サプリメントはこんな感じです

 

私はスポーツをやっている関係でタンパク質補給にもプロテインを利用しているのですが、それと比較すると亜鉛補給は簡単で手軽なのがいいですね。プロテインは溶かすのが面倒ですし、1ヶ月5〜6000円位かかってますから。

 

自慰で体内の栄養分を消費してしまっている人も、そうじゃない理由で消費している人も、将来的に(もしくは現在進行形で)抜け毛が心配なのであればこういう形で亜鉛を補充していくというのも悪くない選択肢だと思います。


20代30代で遺伝によるAGAの前兆や射精し過ぎによるハゲに悩んでいる男性のためのサイト。治療用の飲み薬が怖いとか亜鉛サプリメントの通販購入で予防・対策をしたい、髪型を治す方法が知りたい人に。ちゃんと治ったら辛い婚活や結婚も道が開けるかも。